Shonan Breeze Saturday

鎌倉のお茶目なサーファー ジョージ・カックルが週替わりのアシスタントとまったりお届けする土曜日の午後。ゆったりまったり波乗りみたいに・・・お届けします!
梅雨の晴れ間
6月17日土曜日 

ジョージとたわいもない会話で進む土曜日の午後6時間。

d0366870_16182513.jpg














梅雨の晴れ間の今日、
リビエラ逗子マリーナサテライトスタジオは沢山のお客様でにぎわっています~
二人でおしゃれ女子達を横目にまったりと・・・

だんだん雲が増えてきましたが、それでも海はフラットでキラキラしています。
そろそろSUPのオンシーズン、ジョージと海に出る日も近そうです~

d0366870_16171485.jpg


[PR]
# by sbsbsaturday | 2017-06-17 16:21
【2017年4月15日(土曜日)「エンケラドス」】
今、宇宙関係で話題なのは、土星ですかね?
ASAが、4月14日(日本時間)、土星の衛星エンケラドスに生命が存在できる条件がそろっていることを発表しました。生命が存在できる条件とは、水と水素や二酸化炭素、メタン、アンモニアがあること。それによって、原始的な生命が存在できるそうです。エンケラドスの氷の下にある海にはそれらが含まれているのです。なぜ、それらがあると生命の存在が考えられるかというと、海底の熱水噴出孔から出る二酸化炭素と水素を微生物が消費して、メタンを排出している可能性がある。このメタンをほかの微生物が食べて、エンケラドスの生態系を作っているのかもしれないと考えられたからなのです。
いよいよ、太陽系の天体に地球外生命が存在する期待が膨らんできました。
どうやって、見つけたのか?というとNASAの土星探査機カッシーニが、以前、エンケラドスから噴き上がるプルーム(水柱)(間欠泉)の中を通り抜けてその成分の「味見」をし、塩類、単純な有機分子、アンモニアなど、生命の主要な構成要素が含まれていることを明らかにしたのです。
 
d0366870_10324593.jpg

        (PHOTOGRAPH BY CASSINI IMAGING TEAM, SSI, JPL, ESA, NASA)


米サウスウェスト研究所の科学者ハンター・ウェイト氏が率いる研究チームは、4月13日に開かれた記者会見で、2015年10月にカッシーニが接近通過(フライバイ)を行った際に、エンケラドスから噴き出すプルームに水素分子が含まれていることを確認できたと発表。
 この水素分子は、海底の岩石と熱水が反応して生じたものと考えられ、現在のエンケラドスに熱水噴出孔があり、その活動により生物にエネルギーを供給できることの証拠になる。



エンケラドスとは、ギリシャ神話の巨神の一人。オリンポス12神と戦った時、戦いの女神アテネとの闘いでかなわない!と逃げましたが、シチリア島と投げつけれらて倒されたと言われています。どれほど大きいのか!?
このスゴイ結果をもたらした探査機カッシーニは間もなく寿命が来ます。
そして、その最後にNASAはカッシーニのために劇的な「グランドフィナーレ」を用意しています。土星と内側の環の間を22周させたあと、9月15日に土星に突入させるのです。その時はきっとまた話題になるでしょうから、気にしてあげてくださいね。
[PR]
# by sbsbsaturday | 2017-06-11 10:35 | 星空リビング
【2017年4月8日(土曜日)「木星が衝」】
今日、木星が「衝(しょう)opposition」です。
木星と言えば、シマシマが特徴の太陽系で一番大きくて重いガス惑星。
木星は大きさ(赤道部分の直径)が地球の約11倍、質量が地球の約320倍ある、太陽系の惑星の中で最大の天体です。主成分は水素やヘリウムといった気体で、巨大ガス惑星に分類されます。また、約10時間で自転しており、これは太陽系の惑星の中で最速です。
太陽から5番目にあります。
日本では、太陽系の惑星を覚えるとき、「水Mercury金Venus地Earth火Mars木Jupiter土Saturn天Saturn海Saturn(すいきんちかもくどってんかい)」と太陽に近い順番で覚えるのですが、チョット年を重ねているとこれに、冥(めい)が着いてしまいます。アメリカではどうやって覚えるの???そうそう、冥王星はアメリカの人にとってとても大事な惑星でしたね。(アメリカの天文学者クライド・トンボーが発見)
横道に逸れましたが、
衝とは、地球を挟んで太陽とちょうど反対方向に惑星があることを言います。月でいうと満月です。満月は丸くて明るいですよね?そして、衝と同じく地球を挟んで太陽と反対側にあるので、一晩中見られる。
d0366870_1605410.png

木星もこの時期は一晩中見ることができます。そして、明るいです。明るさは、-2.5〜2.4。
それほど明るい星なので、見つけるのは簡単ですが、お教えしておきましょうね。
北斗七星Big Dipperを知っていますか?
ひしゃくのその取っ手のところが少しカーブしています。そのカーブをそのままに伸ばしていくとまずオレンジの明るい星が見つかります。うしかい座の1等星、アルクトゥースルArcturus、更にそのカーブを延ばしていくと白い明るい星おとめ座の1等星スピカSpicaがあります。今、木星はその星の少し上にいるのです。
そして、10日(月)には、月、木星、スピカが並びます。
晴れるといいなー。
[PR]
# by sbsbsaturday | 2017-06-10 16:01 | 星空リビング
【2017年4月1日(土曜日)「アルデバラン食」】
今週からお相手がジョージさんに代わりました。どうぞよろしくお願いします!私の話はいつもと変わりなくですが、番組の後の1曲目は、ジョージさんに「星、月、宇宙」などが出てくる曲を流していただこうと思っています。それが楽しみなんです!!
d0366870_15241910.jpg
さて、今日は天気が悪いのですが(?)晴れていれば宵の空、月齢4の細い月がおうし座の1等星アルデバランを隠す「アルデバラン食」が起こります。今年、アルデバラン食は3回あって、今回は2回目。アルデバラン食とは、月の後ろにアルデバランが隠れてまだ出てくるというもの。今回、石垣のある先島諸島以外では見で見られます。潜入、出現ともに、空の中ほどの見やすい位置で起こりますが、潜入の時刻にはまだ空が明るいため、肉眼ではアルデバランを見つけることができないかもしれません。月を手掛かりに望遠鏡や双眼鏡を使ってアルデバランを探すと、アルデバランが月の暗い縁に隠れる瞬間、突然消えるように見える“潜入”のようすを観察できるでしょう。
東京あたりでは、この“潜入”が18時45分、アルデバランが月の明るい縁から現れる“出現”が19時53分です。かくれてから見てもわかりませんからね、チョット前から双眼鏡や天体望遠鏡を用意して覗いていましょう。出現後には、空も十分暗くなり、月のすぐ近くでオレンジ色に輝くアルデバランを確認することができるでしょう。
今日は、月が目印になってアルデバランを探せますが、明日には月は離れてしましいますから、探し方を覚えてください。たいていの人は、オリオン座はわかる!と言ってくれます。そのオリオン座のベルトにあたる三ツ星を右に伸ばしていくと星が「v」の形に並んでいて、一つ赤く明るい星が見つかります。それがアルデバランです。
アルデバランはアラビア語のアッ・ダバラーン「後に続くもの」、という意味。アルデバランが東の地平線から昇ってくるときに、プレアデス星団の後に続いて昇ってくることからの命名。地球から約66光年離れている
次回のアルデバラン食は、10月10日(火)です!
d0366870_15251780.jpg

[PR]
# by sbsbsaturday | 2017-06-10 15:27 | 星空リビング


by sbsbsaturday
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
星空リビング
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
梅雨の晴れ間
at 2017-06-17 16:21
【2017年4月15日(土曜..
at 2017-06-11 10:35
【2017年4月8日(土曜日..
at 2017-06-10 16:01
【2017年4月1日(土曜日..
at 2017-06-10 15:27
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧